院内技工士

キービジュアル

当院には「院内」に「専属」の
歯科技工士が常駐しています
下記のことが達成できます

  • 「治療期間」の短縮
  • 治療「精度」の向上
  • 患者さんとの
    密な「コミュニケーション」

被せ物等を製作するプロフェッショナル「歯科技工士」

1

歯科技工士という職業をご存知でしょうか?
詰め物や被せ物、入れ歯、インプラントの上部構造を専門に製作するプロフェッショナルです。

通常、歯科医院とは別の場所に歯科技工所があり、様々な歯科医院の案件を受けています。

しかし、当院では「院内」に歯科技工ルームを設け、当院の案件のみ専属で対応する体制にしています。その理由は下記になります。

  • 治療期間の短縮
  • 治療精度の向上
  • 患者さんとの密なコミュニケーション

それぞれ具体的にお伝えします。

「治療期間」の短縮

2

先ほどもお伝えしましたが、通常、歯科医院と歯科技工所は別の場所にあります。また、一般的な歯科技工所は1つの医院の専属ではなく、複数の医院の技工物を製作しています。
そのため、被せ物等を製作するまで一定の期間がかかることがあります。

しかし、当院は専属の歯科技工士が院内で被せ物等を製作するため、「時間的ロス」はなくなり、結果、治療期間を短縮することができます。

被せ物の「クオリティ向上」

3

被せ物などの技工物製作は「歯科医師」と「歯科技工士」による共同作業になります。
歯科医師の診断と指示のもと、歯科技工士が製作する流れです。

つまり、歯科医師と歯科技工士との「密な連携」が必要となります。
通常、メールや電話で連携をとることになるのですが、それは「密な連携」ではありません。

当院ではいつでも話し合いの場が持てる環境がありますので、自ずと被せ物等の品質が向上します。

患者さんとの「コミュニケーションの充実」

4

特に前歯の審美性が要求される治療の場合、患者さんと密なすり合わせが必要になります。
通常は、歯科医師が患者さんの要望を伺い、それを歯科技工士に伝えていく流れになるのですが、「伝言ゲーム」のように間に人を介すことで、ニュアンスが変わることがあります。

そのため一番適切な対応は、歯を製作する歯科技工士が患者さんと直にコミュニケーションをとることです。

当院ではその環境が整っています。

担当する歯科技工士をご紹介します

歯科技工士

  • 9
  • 11

原宿補綴研究所 BIO- TECH-JAPAN

当院には上記の技工士の他、院内に歯科技工所も併設しています。
様々な機器を導入し、精密な技工物の製作を可能にしています。

12

13

  • 14
  • 15
  • 16

初診「個別」相談・セカンドオピニオンへのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • Mail相談
03-3400-9405
表参道駅B1出口から徒歩6分
渋谷駅から宮益坂方面へ徒歩10分

このページの先頭に戻る