虫歯

キービジュアル

下記、お約束します

  • 2step法で注射時の「痛みを軽減
  • 削る量」を最小限にします
  • 歯の神経」を可能な限り残します
  • 可能な限り「抜歯を回避」します

治療の「不快感」、可能な限り軽減させます

皆さんが「歯医者」でイメージされていること。
それは、「怖い」「痛い」「薬品臭い」「暗い」……、などかもしれません。

実は、これは昔の話です。
今では、技術の進歩、そして院内空間の改善により、上記は払拭されています

治療を行いますので、不快感を「ゼロ」にすることはできませんが、以前よりも快適に治療に臨んでいただけます。

「不快感の軽減」に関して、当院の特徴をご紹介します。

治療時の「痛み・不快感を抑える」

  • 表面表面麻酔
  • 5倍速5倍速コントラ

治療時は「麻酔」が効いていますので基本的に痛みは生じません。しかし振動などの不快感はあります。また、麻酔注射をする際の痛みへの配慮も必要です。これらの不快感・痛みに関してどのような工夫をしているのかをご説明します。

工夫1表面麻酔

表面

麻酔注射を行う前に、表面麻酔というものを使用します。
これを行うことで、麻酔注射をする際の痛みを軽減できます。

工夫25倍速コントラ

5倍速

5倍速コントラとは、歯を削る道具です。
通常よりも「5倍」の速度で回転するもので、歯を削る際の「振動・音」を最小限に抑えることができます。

~歯科治療に
恐怖心」を持たれている方へ~

睡眠

当院では痛みや振動への配慮の他、そもそも「歯医者が怖い」「嘔吐反射がある」等の方向けに、静脈内鎮静法をご提案しています(自費です)。

鎮静薬を点滴することで、数分後にはほぼ睡眠状態になる手法です。痛みや振動もほぼ感じませんし、目が覚めた時には治療が終了しています。

歯科恐怖症の方、嘔吐反射が強い方、一度お問い合わせください。

歯の寿命を延ばすため「削る量」を最小限にします

院長

歯を削る=歯の寿命が短くなる

この事実をご存じの方は多くありません。
歯は削れば削るほど寿命が短くなりますし、もろくなります。

虫歯を繰り返すと、最終的には削る歯もなくなり抜歯になります。

つまり、治療の際にできるだけ削る量を少なくすることで歯の寿命を延ばすことができます。どのようにして削る量を最小限にしているのかをお伝えします。

工夫ミクロンレベルの治療「高倍率ルーペ」「マイクロスコープ」

マイクロ

歯科治療は非常に繊細を極めます。
そのため「肉眼」で治療できるケースもありますが、精密さを追求する場合は肉眼では限界があります

そのため当院では肉眼の何倍も視野を拡大できる「高倍率ルーペ」「マイクロスコープ」を活用します。

  • ルーペ
  • マイクロ1

特に「マイクロスコープ」は肉眼の何十倍もの視野を獲得できるため、非常に精密な治療を実現でき、歯を削る量も最小限に抑えることができます。

マイクロ2

次の画像をご覧ください。
「肉眼」と「マイクロスコープ」の視野を画像で比較したものになります。
」が肉眼、「」がマイクロスコープ視野です。
どちらが精密な治療ができるかは一目瞭然だと思います。

  • 肉眼視野
  • マイクロ視野

工夫データで虫歯の有無を判断する「ダイアグノデント」

ダイア

虫歯になりたての状態を早期に発見すれば、削る量は少なくて済みます。ケースによっては削らないこともあります。

当院ではダイアグノデントという機器を利用し、虫歯の早期発見に取り組んでいます。

ある興味深い統計がありますのでご紹介します。

統計

これは「虫歯検出率」の統計データになるのですが、「ダイアグノデント」の虫歯検出率が90%と突出して高いことが分かります。逆に「視診」による診断は12%と、単純計算でも10回中9回は初期虫歯を発見できていないことが分かります。レントゲンを利用しても、50%未満です。

先ほどもお伝えしましたが、歯は削れば削るほど抜歯に近づきます。
当院では、ダイアグノデントで削る量を最小限に抑えます。

工夫CR(コンポジットレジン)を使用し削る量を少なく

治療後は、銀歯やセラミックの「詰め物」「被せ物」を装着します。 その他の選択肢として「CR(コンポジットレジン)」というものがあります。

CRを利用すると、詰め物と比べ「歯を削る量を抑える」ことができます。 その理由は、CRは「固形物」ではなく「ゲル状」なためです。

CR

銀歯のような「固形物」の場合、それが歯にフィットするように「ひっかかり」を作らなければならないため、どうしても歯を大きく削る必要があります。
しかし、「ゲル状」のCRの場合、歯の形に合わせて流し込めるので、わざわざ大きく歯を削る必要はなくなります

適応ケースは限定されますが、適応の場合は積極的にCRを利用し、削る量を最小限にしています。

また、CRは次のような特徴もあり、患者さんに喜ばれています。

  • 白い素材なので銀歯と比べ見た目がいい
  • 1回の来院で治療が終了

「歯の神経を守る」治療

診療

虫歯が過度に進行してる場合、歯の神経を除去する「抜髄」という処置を行うのですが、歯の神経を除去すると、どうなると思いますか?

結論、歯が非常にもろくなり、最終的には抜歯になる可能性が高まります

MTA

そのため、当院では抜髄は最終手段としています。

すべてのケースで抜髄を回避できるわけではないのですが、MTAセメントレーザー等を利用することで、抜髄を回避できるケースがあります。

詳細は歯の神経を守る治療をご覧ください。

「抜歯を回避する」治療

a

虫歯の程度が最終段階まで進んでしまうと「抜歯」の選択がされます。
しかし、通常抜歯と宣告されてしまうケースであっても、状態によっては抜歯せずに残せることがあります

エクストリュージョンと呼ばれる手法を利用するのですが、歯茎の下に埋まっている歯根を上に引き上げ、それを土台として被せ物をする治療になります。

  • イラスト
  • イラスト
  • イラスト

すべてのケースで適応できるわけではなく、当院でも抜歯ですとお伝えすることもありますが、まずはご相談いただけたらと思います。

初診「個別」相談・セカンドオピニオンへのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • Mail相談
03-3400-9405
表参道駅B1出口から徒歩6分
渋谷駅から宮益坂方面へ徒歩10分

このページの先頭に戻る