歯の神経を守る治療

キービジュアル

他院で「歯の神経を抜きます
と言われた方。
一度ご相談ください。
歯の神経を
残せるケースがあります。

  • 「マイクロスコープ」の活用
  • 「MTAセメント」の活用
  • 「レーザー機器」の活用

可能な限り「歯の神経を残す治療」

院長

虫歯がかなり進行し、歯の神経近くまで来ている場合、「抜髄」と呼ばれる歯の神経を除去する治療になることがあります。

しかし、歯の神経は、歯に栄養を供給する役割を担っているため、神経を除去すると歯に栄養がいきわたらなくなり、歯の寿命が短くなります

しかし、ケースによっては、歯の神経を残しながらの治療ができるケースもあります。

当院では歯科用顕微鏡と言われる「マイクロスコープ」「MTAセメント」「レーザー」を活用し、その取り組みを行っています(必ず歯の神経を残せるわけではありません)。

「マイクロスコープ・MTAセメント・レーザー」を活用した治療

では、それぞれの機器・材料を活用し、どのようにして歯の神経を残すのかをお伝えします。

「マイクロスコープ」による
ミクロン単位での治療

マイクロスコープ

3

マイクロスコープとは「歯科用顕微鏡」とも言われ、視野を「肉眼の何十倍」も拡大してくれる装置です。
そもそも歯の治療は繊細を極めますが、神経の治療はより繊細を極めます。ちょっとした手のブレで治療が失敗してしまう可能性もありますので、当院ではマイクロスコープを活用しミクロン単位での処置を行います。

「レーザー」で殺菌しながら
削る範囲を最小限に抑える

レーザー治療

レーザー治療

治療の際にレーザーを活用することもあります。
レーザーは虫歯に感染している部分にのみ反応しますので誤って大きく歯を削ることを防ぐことができます。
また、殺菌効果や耐酸性を高める効果もあるので、良い予後が期待できます。

「MTAセメント」による
封鎖・無菌化・再石灰化

MTAセメント

MTAセメントとは、神経が露出した部分を封鎖するための特殊な薬剤です。歯の神経まで感染した虫歯でもMTAセメントを塗布することにより、患部を無菌化し、神経を残したまま詰め物を入れることが可能となり、さらに、歯、本来の再生力を取り戻させ修復します。

治療の流れ

カウンセリング

STEP1診査診断・治療計画の説明

レントゲン等の資料取りを行い、分かりやすい資料を交えながらご説明します。

MTAセメント

STEP2治療

虫歯を除去し、患部にMTAセメントを塗布します。

詰め物や被せ物

STEP3予後の確認

一定期間経過後、症状がないのと硬化を確認し最終的な詰め物や被せ物を行います。

初診「個別」相談・セカンドオピニオンへのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • Mail相談
03-3400-9405
表参道駅B1出口から徒歩6分
渋谷駅から宮益坂方面へ徒歩10分

このページの先頭に戻る