根管治療

Root

根管治療とは

歯の機能を再生し、患者様ご自身の歯を残します

「根管」とは、歯の中の神経と血管がある「歯髄」の部分です。根管治療は、根管内を清掃、洗浄、消毒することで、痛みや炎症を抑える治療法です。虫歯が進行して歯髄の近くまで達すると、痛みや炎症を取り除くために、歯髄を除去しなければならないことがあります。その場合に根管治療をおこなえば、歯髄は除去するものの、治療後は再び歯の機能を取り戻せるので、ご自身の歯を残すことができるのです。

根管の形は人によって異なります。器具を使っての治療がしやすい形の人と、そうでない人がいます。網目状や、枝状に細かく分かれた形をしている人などは、治療が難しいので、治療に時間がかかることがあります。また、炎症の状態によっても治療期間が変わります。
一般的には、短ければ1~2週間程度、長ければ2~3ヶ月という時間が必要になります。

根管治療の流れ

1. 精密検査

目視・マイクロスコープを使った診察や、CT撮影などをおこない、詳細な状況を確認します。説明を終え、治療方針が固まれば、治療を開始します。

2. 抜髄

本格的な根管治療をおこなう前に、歯や詰め物などを取り除き、歯髄または根管部分を露出させます。そして、ある程度の歯髄を除去してしまいます。麻酔をし、専用器具を使っておこないます。過去に根管治療をおこなっている箇所は、根管内の薬剤を取り除きます。

3. 清掃

器具を使って、虫歯になっている歯質、残っている歯髄、薬剤などを完全除去して、きれいにしていきます。除去が終わったら、その後の処置のために、空洞になった根管の長さを測定します。

4. 洗浄・消毒

測定が終わったら、薬剤を使って治療箇所を洗浄・消毒します。症状に応じて、薬などで処置をおこないます。歯科用レーザーを使用して、根管内の殺菌や消毒をする場合もあります。

5. 充填

炎症が強い場合は、根管の中に薬剤をいれて、仮のふたをして数日置きます。数日経ったら、洗浄して状態を見ます。根管内がきれいになるまで、この作業を繰り返します。
痛みや炎症が鎮まり、根管内がきれいになれば、細菌の侵入を防ぐための「根管充填」をおこないます。これは、専用の薬剤を使って、根管を埋めていく処置になります。

6. 詰め物

根管充填をおこない、問題がなければ歯を削るなどして整え、詰め物をいれる処置へ移っていきます。

※根管治療には、ある程度の期間が必要になります。自己判断で途中でやめることのないよう、医師が治療終了と判断するまで、きちんと通院するようにしてください。治療途中で通院をやめてしまうと、痛みは治まっている場合はありますが、そのあと再発した際には抜歯しなければいけない状態になってしまうことがあります。

マイクロスコープを使用した治療

より正確で精密な診断と治療を

当院では、根管治療に「マイクロスコープ」を取りいれています。マイクロスコープとは、歯科治療用の顕微鏡で、人間の視力の6~32倍の大きさで見ることができ、肉眼では確認できない、細かく小さな問題点を見つけることができます。これにより、より正確で精密かつ安全な診断や治療が可能になるのです。

セカンドオピニオンの方もお気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽に 現在の症状を伺い、診療予約の日程を調整させていただきます 0120-733-408
contact_tel_sp.jpg