予防歯科

Yobo

予防歯科の重要性

予防歯科とは、むし歯や歯周病などになってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にするということです。
人はそれぞれ歯並びや歯の形、口の大きさ、器用さ、歯磨きの癖などが異なります。
それを見極めて歯科医や歯科衛生士の指導に基づき自分の口腔内に合った磨き方を毎日行う「セルフケア」と歯科医院などで行う「プロフェッショナルケア」の両方を実践する事が歯や口腔内の健康を保つために重要です。

PMTCについて

PMCTとは、Pプロフェッショナル Mメカニカル Tトゥース Cクリーニングの意味です。

普段の歯磨きではどんなに気をつけて磨いていても、狭い口の中で複雑な形の歯を磨き残しなく磨くことはとても困難です。
そこで様々な専用の機械を用いてむし歯や歯周病の原因になるプラーク(歯垢)を除去し、プラークを形成する細菌が生成する膜(バイオフィルム)を除去します。

PMCTを行い歯石やプラーク、バイオフィルムを除去すると歯の表面がツルツルになり茶渋などのステインも取れるため、汚れが再び付きにくくなります。

当院の予防歯科

当院では患者さんごとに担当の衛生士をつけて予防歯科に取り組んでいます。
患者さんにどうしてむし歯や歯周病になるのかを理解して頂き、治療後も約3カ月ごとの定期検診(メインテナンス)に通って頂いています。
特にインプラント治療を受けられた方、被せ物が多く入っている方、矯正治療中の方のメインテナンスは患者さんの状態に合わせて検診の間隔を決めています。定期的にメインテナンスに通って頂くことで、むし歯ができたとしても自覚症状が出る前の早期に発見でき、治療も数回で終えることができます。

患者さん自身にご自分の口の中の状態や磨き残しやすい場所を知って頂き、いつまでも健康で美味しい物をなんでも食べられるよう患者さんに寄り添った予防歯科を目指しています。

以下のような事を行っています。

歯肉の状態のチェック
プラーク、ステイン(茶渋など)の除去
歯周ポケット内の洗浄
歯石の除去
歯の表面を再石灰化を促すペーストで仕上げる
むし歯予防のためにフッ素の塗布
ご相談はお気軽に 現在の症状を伺い、診療予約の日程を調整させていただきます 0120-733-408
contact_tel_sp.jpg