インプラント治療

Implant

  • HOME
  • インプラント

天然歯と見分けが付かない。
そんな究極のインプラントを目指して。

歯の欠損時の治療には、従来ブリッジや入れ歯が一般的でした。
しかし近年、より自分の歯に近くしっかりと噛める「インプラント治療」が普及してきております。噛める喜びに審美性をプラス。
まるで自分の歯を取り戻すかのような喜びを感じることができます。

当院のインプラントの特徴

「原宿デンタルオフィス」が考えるインプラント治療は、欠損した歯の回復にとどまりません。
院内に設けた技工所では、周辺の天然歯に溶け込み、まるで元から存在したかのように自然且つ美しい人工歯をオーダーメイドで作製いたします。

また、院内に併設する「補綴研究所」では、日々より天然歯に近い人工歯を作製するための研究を行っており、「究極のインプラント」を提供できるよう、日々努力しております。

卓越した技術と最新機器による治療法

インプラントは土台である人工歯根の上に人工歯を装着しますが、このどちらもが正しく機能していることで、初めてインプラントとしての力を発揮します。

当院では「歯科用CT」と「シミュレーションソフト」を使用して徹底したオペの下準備を行う他、無菌状態に近いオペ室には、「マイクロスコープ」「全身麻酔」を完備。医師・患者様ともに万全の状態でオペに臨むことができます。

インプラント治療を諦めないでください

インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋め込むため、健康且つある程度の「厚み」と「高さ」のある顎の骨が必要になります。

他院でインプラント治療が難しいと言われて当院へといらっしゃる多くの患者様は、このように顎の骨に問題があるケースがほとんどです。
当院では専門医による骨の移植・再生治療が可能なため、もしインプラント治療を諦めているのであれば、一度当院にご相談ください。

インプラント治療の流れ

診断・治療計画

歯科用CTなどを用いて、インプラント治療が可能かどうかの診査を行います。
治療が可能な場合は、患者様とともに治療計画を立てていきます。

インプラント埋入手術

インプラントを顎の骨に埋入します。手術には「一回法」と「二回法」があり、一回法であれば手術は1回で終了、二回法であれば約3カ月後にもう一度手術を行います。
※どちらを選択するかは、口腔内の状態によって医師が判断します。

インプラントアバットメントの装着

人工歯根と人工歯を繋ぐアバットメント(支台部)をインプラントに接続し、歯肉が治癒するまで約3週間待ちます。

人工歯の装着

人工歯を作製するために型を取り、作製した人工歯をアバットメントに装着して完成です。

メインテナンス

インプラントは虫歯にならないなどのメリットがありますが、歯周病になりやすい可能性も秘めています。
そのため術後のメインテナンスは何より重要です。
当院ではホームケア指導・プロフェッショナルケアに加え、定期的な噛み合わせのバランスチェックをお願いしております。

インプラント症例

歯を一本失った場合の症例

Before

差し歯の根っこが折れ、グラグラしています。両隣の歯が健全だったため、歯を削らずに治療ができるインプラントを患者様が希望されました。

Treatment

人工歯根(フィクスチャー)が埋入された状態です。この上に仮歯を付けて、骨と歯根が結合するまで待ちます。

白い土台と人工歯根が固定された状態です。

After

被せ物を土台に装着して完成です。
両隣の歯との区別が付かないほど良い仕上がりで、レントゲン写真でも健康な状態が確認できます。

歯を複数失った場合の症例 CASE1

Before

前歯二本の根っこが割れているために、インプラント治療を行うには抜歯が必要な状態です。

Treatment

歯茎を切って割れた歯を除去し、人工歯根(フィクスチャー)を埋入します。この上に仮歯を付けて、骨と歯根が結合するまで待ちます。
※この症例の場合は4ヶ月待ちましたが、患者様の状態によって期間は異なります。

土台の型取りを行います。

型取りしたものに石膏で口の中の模型を作製し、模型上で土台を作製します。

土台に仮歯を入れ、噛み合わせなどを患者様にチェックしてもらいます。問題がなければ、被せ物のための型取りを行います。

After

被せ物を土台に装着して完成です。
自然な仕上がりに患者様も満足しておられました。

歯を複数失った場合の症例 CASE2

Before

部分入れ歯を固定性の歯にしたいとのことでしたが、他の歯も歯槽膿漏だったため、インプラントを8本埋入する治療計画を立てました。

Treatment

まずはロウで模型(診断用WAX UP)を作製し、どのような歯を作製するかのシミュレーションを行います。その後ロウをプラスチックに置き換えた模型(診断用MOCK UP)を口腔内に装着し、CT撮影を行います。

撮影されたCTデータをシミュレーションソフトに入れて、オペの計画を立てます。

型取りを行い、インプラントを柱としてその上に歯茎と歯を作りました。

撮影されたCTデータをシミュレーションソフトに入れて、オペの計画を立てます。

After

計8本の人工歯を、オールセラミックで作製しました。

インプラントを利用して入れ歯を固定した症例

Before

上顎の入れ歯が緩くなり噛めないため、インプラントを固定源として歯を作製する治療計画を立てました。

Treatment

インプラントを11本埋入します。仮の入れ歯を固定するために3本には人工歯根(フィクスチャー)を入れて即時負荷をかけ、残り8本は骨と結合するまで待ちます。
※この症例の場合は8ヶ月待ちましたが、患者様の状態によって期間は異なります。

残り8本の人工歯根(フィクスチャー)と土台を繋げる手術を行い、1週間後に抜歯、そして入れ歯を作製していきます。

After

計11本のインプラントで入れ歯を固定しています。

ご相談はお気軽に 現在の症状を伺い、診療予約の日程を調整させていただきます 0120-733-408
contact_tel_sp.jpg