審美歯科治療

Esthetic

“天然歯に勝る美しい歯はない”との考えから、
自然に輝く歯を追求しています。

「審美歯科」と聞くと真っ白く輝く粒の揃った歯を思い浮かべがちですが、渋谷・青山近くの当院の審美歯科はそれだけではありません。
「人工物では到底敵わない天然歯の美しさをいかに人工物で再現できるか」をモットーに、噛み心地と耐久性にこだわった歯の作製を行っております。

当院の審美歯科

詰め物・被せ物

セラミッククラウン

変色している歯や位置がずれている歯などを綺麗にするため、歯の全面にセラミッククラウン(被せ物)を被せて固定する方法です。
金属アレルギーの方でも治療が可能であり、天然歯もしくはそれ以上に美しい色と形を再現することができます。

ポーセンインレー

保険適用の銀歯や医療用プラスチックの代替品として使用する、セラミック製の詰め物です。
色・質感共に天然歯に近い材質のため、詰め物と自分の歯の境目が目立たず、治療跡が気になりにくいという特徴があります。

ラミネートべニア

歯の表面を薄く削り、0.5ミリ~1ミリ程度のセラミックを削った箇所に接着する方法です。
従来の被せ物に比べると歯を削る量が少ないため、審美性はもとより噛み心地などの違和感が少ない点もメリットです。
※噛み合わせが悪い方や歯の色が悪い方には、施術できない可能性がございます。

ホワイトニング

オフィスホワイトニング

薬剤とレーザーを使用し、通院にて歯を白くする方法です。歯の表面についたたばこ・ステインなどの汚れを短時間で分解することができるため、1回の治療で白さを実感していただけます。
※当院では痛みや熱さを感じ難いビヨンドシステム(ホワイトニング機器)を使用しております。

ホームホワイトニング

医師の指導のもと、薬剤とマウスピースを使用して自宅でホワイトニングを行う方法です。
オフィスホワイトニングと比較すると白さを実感するまでに時間がかかりますが、通院の回数が少ない点がメリットです。
※個人差はありますが、2週間程度で白さを実感していただけます。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行う方法です。結婚式やパーティーなどの前に、より早く、より短期間で効果を実感したい方に向いている方法です。

ウォーキングブリーチ法

当院で一番多く行っているホワイトニング方法です。
外傷や根っこの治療によって神経を失い変色した歯を白くする方法で、歯に穴を開けて象牙質部分に漂白剤を注入します。

審美歯科治療の流れ

診断・治療計画

まずは患者様が希望する治療箇所に加え、口腔内全体の状態を歯科用CTなどを用いて観察します。
口腔内全体を観察することにより、希望箇所以外の歯の治療が必要など、様々なことが判明します。

もちろん治療箇所が増えることによって料金もかかりますので、渋谷・青山の当院では、患者様に合ったより良い方法を選んでいただきます。

診断用WAX UP・MOCK UP(模型)の作製

一般的な歯科では、型取り後に詰め物を作製、そして詰め物を取り付けますが、当院ではその前に模型を使用したシミュレーションを行います。

薄いマウスピースのような模型を作製し、治療前に実際に模型を歯に装着して完成形をイメージしていただきます。
写真画像などで出来上がりを見ても、治療後のイメージはなかなか難しいですが、このように模型を作製することによって、より全体像が掴みやすくなります。

詰め物の装着

周辺の自然歯と人工歯との間に違和感が出ないよう、微妙な色合いを再現した人工歯を複数個作製し、一番合うものを実際に装着していきます。

安心・安全な治療を行うために

より良い提案をさせていただくため、患者様の要望やお口の状態をしっかりと診察してからカウンセリングを行います。
もちろん院内感染予防にも力を入れており、器具の滅菌や衛生観念の高いスタッフが治療にあたっております。

症例

歯周形成外科(前歯の歯茎移植)

Before

歯周病により歯がぐらついている状態。

After

歯周形成外科治療(部分的に歯茎が下がっている箇所を元の状態に戻す治療)を行い、オールセラミックのブリッジを装着しました。

Before

歯根が割れてしまうと、歯を支えている骨が喪失し、その上の歯茎も無くなってしまいます。反対の健康な歯と比較すると、歯茎が足りないことが分かります。

After

上顎の歯茎の一部を、歯茎の足らない部分に移植します。移植後歯茎は、時間とともに再生していきます。

歯周形成外科(奥歯の歯茎移植)

Before

歯茎を移植する前の写真です。対象箇所の歯茎が凹んでいることが分かります。

After

歯茎移植後の写真です。対象箇所の歯茎が厚くなりました。

Before

歯周形成外科治療が終了した後、被せ物を作製していきます。この写真は、ジルコニアのフレームを試しているところです。

After

全ての治療が終了しました。

前歯の審美修復(被せ物)

Before

根っこの治療の後、医療用プラスチックを除去した状態です。

After

オールセラミックスクラウンを被せて治療は完了です。

インターナルブリーチ

Before

根っこの治療が行われ、裏側にはプラスチックの詰め物が施されていました。神経を取った歯は次第に変色することがあります。

漂白前に、まずはレントゲンで根っこの状態を見ます。状態が良くないと薬が歯根に漏れることがあるため、根っこの治療をやり直しました。

 

歯の裏側に漂白作用のある薬を入れるための穴を開けます。

 

漂白作用のある薬を入れ、その上に蓋をして経過観察を行います。1週間に1回薬の交換を行います。この患者さんは、2回で終了しました。

After

術前と比較するとかなり白くなりました。歯が白くなったら、裏側に詰め物を施して治療は完了です。退色する場合がありますが、その際は同じ治療を行うことで、また白さを取り戻すことができます。

ラミネートベニヤ法による前歯の審美修復

Before

歯の表面を少し削ります。

After

薄いセラミックを歯の表面に貼り付けました。

ラミネートベニヤ法による部分欠損した前歯の審美修復

Before

歯の表面を少し削ります。

After

薄いセラミックを歯の表面に貼り付けました。

渋谷・青山付近で審美歯科治療をご希望の方はご来院ください。

ご相談はお気軽に 現在の症状を伺い、診療予約の日程を調整させていただきます 03-3400-9405
contact_tel_sp.jpg