Dr.山﨑 治

Dr.Osamu Yamazaki

  • HOME
  • Dr.山﨑 治

培った技術の継承と革新を。
理想の治療と自身の使命とは。

父親が院長を務める歯科医院に勤務し、高い治療技術を見続けてきた、当院・副院長の山﨑治。父の背中を追うだけでなく、自身の治療スタイルを確立しても、なお学ぶことを忘れず、常により良い治療法を求めて、努力を続けています。そんな副院長が歩んできた道、目指していく理想の治療、自身が考える使命を紹介いたします。

Dr.山﨑治

原宿デンタルオフィス副院長

補綴専門医

山﨑治
Osamu Yamazaki

“患者様にとって本当に必要な治療とは何か”を第一に、バランスの良い治療を心掛けております。

略歴
1999年 日本大学松戸歯学部 卒業
1999年 原宿デンタルオフィス 勤務
所属団体
東京SJCD会員

原宿デンタルオフィス副院長

山﨑 治 OsamuYamazaki

“最初から治療行為をするのではなく、しっかり検査してからでないと治療しない。”伝える努力を惜しまず説明しています。 

 

これまでの歯科人生を振り返る

1999年に、日本大学の松戸歯学部を卒業した後すぐ、父が院長を務める「原宿デンタルオフィス」に勤務しました。当時は研修医制度がなく、一年目の歯科医師は、通常の治療ができるほどの技術を持っていないことがほとんどでした。私も例外ではなかったので、診察を見学したり補助したりする中で、治療を学んでいきました。

正直、やっと歯科医師になれて「これから頑張ろう」という時期に、治療行為をさせてもらえなかったのは辛くもありました。他院で勤める同級生と比べると、遅れをとっているような気がして、焦りも感じた時期もありました。

しかし、今振り返ってみると、高い技術を目の前で見ることができたり、講習会で話を聞くことができたその環境は、大変恵まれていたと思います。本を読むだけではわからない現場の仕事を、肌で感じることができたからです。「実際の治療の中身は、現場でないと学べない」というのは、当時から変わらず今も持っている考えです。


院長は、手取り足取り教えてくれる人ではありませんでした。積極的に頑張らなければ何も身に付かない状況でしたが、それは結局、「腕を磨くのは自分次第だ」という教えだったのです。そのことに気付いてからは、「自分もひとりの歯科医師である」という自覚を強く持つようになり、より勉強に励んだり、尊敬する先生に積極的に指導をお願いしたりするようになりました。所属していたスタディグループ「SJCD」の先輩方からも、たくさんのことを教えていただきました。

そうしているうちに、少しずつ治療を任せてもらえるようになり、今では自分のスタイルを確立して、自分が担当する患者様を、責任を持って診させていただいています。

スタッフや患者様に求めること

スタッフには、積極的に学ぶ姿勢を忘れず、のびのびと診療して欲しいと思っています。当院は、歯科医師、歯科衛生士、助手、それぞれの間の垣根が低く、風通しの良い環境だと思います。日頃から、良いことも悪いこともみんなで共有し、互いに成長できる職場を目指しているので、ひとりひとりの力で、より良い医院作りに取り組んでもらいたいです。

患者様にも、歯科医師まかせで「されるがまま」ではなく、積極的に治療に参加していただきたいと思っています。確かに私たちは専門職ですが、治療するのは患者様ご自身の歯だからです。治療方法はひとつではなく、それぞれにメリット・デメリットがあります。はっきりと良し悪しを決められないケースも多く、患者様の要望やライフスタイルによって、答えが変わることもあります。だからこそ、医師の判断で一方的におこなうのではなく、患者様と一緒に進めていきたいと考えています。

もちろん必要な情報は提供いたしますし、治療の選択肢も提案します。その情報をきちんとインプットして、吟味し、最終的には、ご自身の大切な歯について、自分で意思決定していただきたいのです。それが、歯を大切にすることにも繋がると思います。実際に、前歯の審美歯科治療などでは、治療に積極的に参加してくださる患者様も多いのですが、やはり一緒に進めることができると、患者様の治療への満足度も高いと感じています。

Dr.山﨑治が考える歯科治療とは

私自身は、どんな時でも、患者様に対して誠実でありたいと思っています。患者様のご要望はしっかり聞きますが、「できる・できない」の判断を簡単にはしたくないと考えています。そのため、しっかり診査をして、その結果をもとに最適な治療方法を探っています。また、患者様にきちんとご納得いただいてから、初めて治療に移るようにしています。

患者様への説明は、特に丁寧におこなうよう意識しています。言葉だけの説明だと、患者様が理解するのに不十分なこともありますので、レントゲン写真やマイクロスコープの画像などを使用し、具体的にわかりやすくお話しています。また、治療計画は、短期的な視点だけではなく、長期的に考えて最善の方法を、ご提案するようにしています。

こうした説明をおこない、患者様と一緒に治療計画を立て、実際の治療を進めていく。それが私の理想とする診療です。そして、その治療が成功して、患者様の歯の悩みが解消され、喜んでくださるお顔を見られたときが、この仕事をしていて一番嬉しい瞬間です。そんな瞬間をもっともっと増やせるよう、自らのこれまでの経験を活かすとともに、さらなる高みを目指して、これからも努力をしていきます。

自身が果たしていくべき使命とは

当院では、セミナーの開催もおこなっています。私も前に立って、指導的な話をさせていただく機会があるのですが、その中で、人に何かを教える面白さを感じています。自分より若い人たちを教育するには「何が必要で、どういうアプローチが良いのか」など、方法論やプレゼンテーションを考えるのは楽しいです。何より、教えた人が育っていく過程を見られると、嬉しい気持ちになれます。

父は感性が鋭く、偉大な人です。歯科医師としての立ち振る舞いや世界観など、言葉ではなく、行動で示されるものを追いかけて、私は育ってきました。ただ、感性で生きている人のやり方は、普通の人には真似できないものです。私自身は父とは違い、論理的に物事を考えるタイプなので、生徒寄りの視点を持つことができます。

「父をはじめとする偉大な先輩方から、見て学んだ高い技術。それを、私の言葉を通して若い世代に伝えていく。」これこそが私の役割であり、使命ではないかと思っています。

ご相談はお気軽に 現在の症状を伺い、診療予約の日程を調整させていただきます 0120-733-408
contact_tel_sp.jpg