Dr.山﨑長郎

Dr.Masao Yamazaki

  • HOME
  • Dr.山﨑長郎

歯科業界のパイオニアが歩んできた道。
そして自身が考える未来とは。

アメリカの高い歯科医療レベルに感銘を受け、“日本でもきっと同じことが可能なはず”と考えた、当院院長の山﨑長郎。
このような夢を持って走り続け、今日では日本を、そして世界を牽引するデンタルオフィスを築きあげました。
院長が歩んできた道、そして自身が考える歯科業界の未来を紹介いたします。

Dr.山﨑長郎

原宿デンタルオフィス院長

東京SJCD最高顧問 / SJCDインターナショナル会長

山﨑 長郎
Masao Yamazaki

“ベストを尽くした治療が、患者様との信頼に繋がる”を、開院当初からの変わらぬ理念として掲げております。

略歴
1945年 長野県生まれ
1970年 東京歯科大学 卒業
1974年 原宿デンタルオフィス 開業
主な公演先

日本歯周病学会・日本顎咬合学会・日本インプラント学会・日本審美歯科学会・日本矯正学会・国際歯科審美学会・日本補綴学会・顎顔面インプラント学会他、ベルリン・サンディエゴ・ラスベガス・イスタンブール・ボストンなど海外の学会にて多数公演。

原宿デンタルオフィス院長

東京SJCD最高顧問 / SJCDインターナショナル会長

山﨑 長郎Masao Yamazaki

“ベストを尽くした治療が、患者様との信頼に繋がる”を、開院当初からの変わらぬ理念として掲げております。

Dr.山﨑長郎が考える歯科治療とは

世界では日々、より快適に治療を受けることのできる最先端医療技術が開発されていますが、私はそのなかからより臨床で効果の得られている技術のみを選び取っています。
もちろんその選択基準は、安全かどうか。だからこそ、患者様には安心して治療に臨んでいただいております。

私が開院した1974年当時、日本の歯科医療は未熟なものでした。欧米では既に使用されていた「笑気麻酔」などが、日本ではまだ使用されていなかったのです。
日本は医療水準が高いと言われがちですが、歯科の分野はここ数年でやっとグローバルスタンダードに近づきつつある状況ではないでしょうか。

当院が掲げている「機能と美の融合」。
これは決して当院だけの特別なコンセプトではなく、今後はこの治療方針が当たり前になる時代が来ると考えております。

これまでの歯科人生を振り返る

東京は青山の地に医院を構えながらも「原宿デンタルオフィス」を名乗っておりますが、1974年の開院当初から約30年間は、原宿で診療を行っておりました。私の名前が知れ渡るとともに医院名も広く知られていったため、移転した際も名前はそのままに、現在の場所で診療を行っております。
しかし最初から東京で開業したいと考えていた訳ではなく、東京の大学で歯科医療を学んだものの、卒業後は地元長野で父の経営していたクリニックを手伝おうと考えておりました。

しかし大学卒業後、私が現在の「原宿デンタルオフィス」を開業する転機となる出来事が2つ起こったのです。

その一つが勤務医時代に受けた、現在私が会長を務めるSJCDで行っているような欧米式歯科医療のトレーニング。
そしてもう一つは、一度本場アメリカの歯科医療をこの目で見たいと思い旅立った、1ヶ月ほどの渡米経験です。
このどちらもが大学で学んだものとはまるで違い、高い水準の歯科医療が目の前で繰り広げられていました。

カルチャーショックを受けた私は、地元長野ではなく東京の中心でアメリカのような高度な医療設備と技術を持つ医院を開業したいという夢を持ち、約5年半の間東京で勤務医として、そして時には無給で働きながらスキルを磨き、その後まだ当時何もなかった原宿で開業しました。
原宿の地を選んだ理由も、地元のデンタルオフィスに通うのではなく、腕の良いデンタルオフィスに州外から訪れるアメリカの歯科医療をモデルにしています。これから東京の中心である原宿がもっともっと栄えると踏んでいたのです。

当時まだまだ一般的ではなかった個室の診療室や笑気麻酔を取り入れるなど、とにかく目新しい病院だったため、患者様よりも医療関係者が偵察に来る方が多かった程です。
しかし技術と設備が認められるにつれ患者数も増え、そして現在のような形になっていきました。
技術と設備がしっかりとしていれば、遠くからも足を運んでくれる患者様がいる。
しかしこれは特別なことではなく、日本の多くの歯科医院が当院のようになっていけば良いと考えております。

これからの歯科業界について

80歳までに歯を20本残そうという「8020運動」は有名ですが、丁寧な歯磨きを行う方が増えたり、ホームケア機器が発達したことにより、非常に皆さまの歯は健康に保たれております。
事実、80歳になって20本の歯を残している方は約半数以上と、昔は多く見られた高齢者の歯の欠損などはあまり目にしなくなりました。

そのため5年先10年先の歯科医療を考えた場合、歯科医院のメインコンテンツは、虫歯治療などの「一般歯科」から「予防歯科」へシフトしていくと考えております。
また、より美しい歯を手に入れたいと願う方々へ向けた「審美歯科」も、同時に多くの方に求められるのではないでしょうか。

高齢になっても、美味しく食事を楽しむ。そのためには予防、そして歯を欠損した際には、天然歯に劣らぬ機能性と審美性を兼ね備えた歯を取り戻すための技術が重要となるでしょう。

これからのDr.山﨑長郎

今後は歯科業界もアジアの時代だと考えております。
アメリカで感銘を受けて始まった、私のグローバルスタンダードな医療への思い。講演会や勉強会にて、私が培ってきた技術をこれまでは日本国内を中心に伝達してきましたが、今後は中国を中心としたアジアに向けて発信していきたいと考えております。

特にまだまだアジア圏では貧富の差が激しく、生まれてから一度も歯科医院へかかったことの無い方たちが多くいるのです。
そのため少しでも世界の医療格差が無くなるよう、私の技術を教えていきたいと考えております。

私がアメリカで学んだ技術を日本に、そして今後はアジアに。
ライフワークともいうべき後継者育成のステージは変わっていきますが、開院当初から変わらぬ理念はこれまでと同様に持ち続けていきます。

ご相談はお気軽に 現在の症状を伺い、診療予約の日程を調整させていただきます 0120-733-408
contact_tel_sp.jpg