入れ歯・ブリッジ

Denture

  • HOME
  • 入れ歯・ブリッジ

入れ歯でお悩みの方へ

「痛い」「噛めない」「ガタガタする」「すぐに外れる」「見た目が気になる」など、入れ歯に関するお悩みをお持ちではありませんか?

メンテナンスをしたり、他の治療をおこなったりすることで、これらの悩みを解決することができます。入れ歯でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

入れ歯の種類

金属床義歯

金属床義歯とは、内側部分に金属を使っている入れ歯のことです。総入れ歯でも、部分入れ歯でも作ることができます。保険適用でできるプラスチックの義歯よりも薄くて軽く、精密にできていて、強度も優れているのが特徴です。金属床義歯のメリットは、熱を感じやすいため食事が美味しくでき、臭いも少なく衛生的な点です。装着時の違和感も少ないです。また、温度を感じやすいため、食べ物の感触を楽しむことができます。

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯は、金属の止め具がない部分入れ歯です。通常、部分入れ歯に付いている金属製のバネの代わりに、プラスチック製の義歯床で、入れ歯を支えます。ノンクラスプ義歯のメリットは、審美性に優れている点です。口を開けても金属の止め具が見えないので、見た目が気になりにくいです。金属を使っているものに比べ、強度や装着感にも優れています。また、金属を使用していないので、金属アレルギーの人でも使用できます。ただし、部分入れ歯のみの方だけが適用可能です。

ブリッジとは

失った歯に対して、前後の歯を「橋げた」として使い、たとえば1本の歯が抜けてしまった場合に、2本の歯で3本の歯を作るのが「ブリッジ」です。「入れ歯よりも噛めること」「入れ歯に比べ違和感が少ないこと」「治療期間が短いこと」「見た目にもわかりにくいこと」などが、ブリッジのメリットです。
ただし、2本の歯で3本分の負荷を支えるので、残っている歯には、通常の1.5倍の負担がかかることになります。また、前後の健康の歯を削らなくてはいけないデメリットもあります。

入れ歯・ブリッジ・インプラント それぞれのメリット・デメリット

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • 大きな欠損に有効
  • 健全な歯を削らなくて済む

デメリット

  • 嚙む力が弱くなる
  • 違和感を感じやすい
  • 取り外してお手入れをしなくてはいけない
ブリッジのメリット・デメリット

メリット

  • 違和感が少ない
  • 材料によっては、天然歯に劣らない審美性を叶えることができる
  • 入れ歯よりも噛める
  • 治療期間が短い

デメリット

  • 前後の歯を削らなくてはならない
  • 前後の歯に負担がかかる
  • 食べ物のかすが詰まって、不衛生になりやすい
インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • 自分の歯のように違和感なく噛むことができる
  • 他の歯を削らなくて済む
  • 見た目が天然歯に近い

デメリット

  • 外科処置が必要
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 入れ歯やブリッジよりも費用が高い

院内技工所を併設

当院では、院内に技工所を併設していますので、患者様に合ったオーダーメイドの「歯」を、迅速に提供することができます。

ご相談はお気軽に 現在の症状を伺い、診療予約の日程を調整させていただきます 0120-733-408
contact_tel_sp.jpg